儲かる農業で収入を得る方法 

もう転職に失敗しない!90日で合格する転職成功最強の法則

失敗が少なく、利益率が高く、労働時間を減らせるなど自然相手の商売には頭が必要です。

サイトマップ

徹底した効率化

ブルーベリー農園を新規就農者として実現できたのは、農地や資金面で恵まれていたという要素は否定できません。



一般的な脱サラファーマーは農地の確保・会社の転身支援制度・地元での就農など、様々な壁が立ちはだかるのです。

しかし、ブルーベリー農園である程度の収益を確保できたのは、綿密な計画、儲かる仕組み作りがされていたからなのです。

高まる消費者ニーズに着目した

この方がブルーベリーを軸に農園をすることに決めたのは、ブルーベリーが好きだった!だけではありません。

農業コンサルタントのアドバイスで、作物の輸入量が増えているかという点を判断基準の優先にするべきと聞いていたからなのです。

実際に、ブルーベリーの生果は約95パーセントが輸入で、アメリカ・カナダ・ニュージーランドなどから取り寄せているのです。

最近は特に輸入量が増加していることが注目されています。

この方の素晴らしい所は、明確な成功イメージを常に持ち続け、自分なりの経営姿勢を貫くことです。

日本人とアメリカ人のブルーベリー消費量を比べると100分の1も消費していないことがわかります。

しかし、この先日本人がブルーベリーを大量消費する時代がくることになれば、莫大な収益を得ることになるでしょう。

日本人がブルーベリーを食することに今や違和感を感じる人は少ないのですが、そのほとんどはジャムなどの加工品になります。

ブルーベリーが日常のフルーツとして馴染んでいないのにも関わらず、久留米で働いていた農園では一日に1400名もの人が集まったそうです。

これも名古屋でブルーベリー農園を開業するきっかけになったと言います。

労働時間を短くできる作物に注目した

ブルーベリーは他の作物に比べても、労働時間短く、労働コストが抑えられます。

そのため、やる気になれば、全ての作業を一人で実行することも出来るのです。

ブルーベリーの収穫期は6〜8月の3ヶ月間で、国内市場でも同時期に出回ることになります。

そのため、ブルーベリー狩りを行う事ができるのは、この3カ月だけ。

栽培している品種は北部ハイブッシュ、南部ハイブッシュ系統。

ラビットアイ系統の約30種類。

およそ1300本となります。

初年度は思うように育たなかったため、実質営業期間はたった1カ月となりました。

しかし、本年度は6月中旬〜8月末までの期間を予定しているそうです。

この3カ月の間は休む暇もないほど忙しくなります。

しかし、それを過ぎると、剪定や観察程度の仕事量で十分なため、マイペースで仕事をしているようです。

基本的には剪定というのは、冬の作業となります。

枝を切ることで、花や果樹の生育・開花を促進させるという目的があるため、非常に重要な作業と言えます。

この作業で、無駄な枝を取り除き、葉に十分な光が当たるようにし、さらに風の通りをよくし、病害虫の発生を防ぎます。

剪定作業を怠らないのには、農薬散布を抑制するという理由も含まれています。

実際の農業はサラリーマンとは間逆の世界だと語ります。

サラリーマンは一日一日結果が求められるが、農業は地味な作業を積み重ねて、夏の3カ月だけで結果があらわれる。

ただ、そのスタイルが自分に合っていたそうです。


「夏休み」のニーズにぴったりハマル

ブルーベリー農園が開くのは夏の3カ月期間限定。

その3カ月は子供夏休みにぴったりとはまるという狙いもブルーベリー農園を開く決め手になりました。

観光農園といっても、様々な作物があります。

それを調べても、夏休み期間に当てはまるのはブルーベリーだけだったそうです。

自然体験よりも観光的要素が重視されるため、この期間での開園はかなりの強みと言えるのです。

競争しない事業展開を模索した

競争を出来るだけ避けるのも、農業経営成功の秘訣です。

愛知県でブルーベリーを扱う農家はたった4軒。

同業者が少ないことで、チャンスが広がっていると確信したそうです。

消費者と交流の持てる農業をめざした

観光農園という形態を選んだのは、消費者としっかり交流を持てる農業をしたいという理想があったからです。

研修で訪れたブルーベリー農園で、お客様との交流の大切さを学びました。

企業経営と個人経営では少し異なる部分もあるのですが、方向性は確実に決まったのも研修先のおかげだといいます。

ドリンクやスイーツの提供、洒落た空間づくり、などどんな形でもお客様の喜びにつなげること。

そのような形の農業を目指し、前に進んでいます。

栽培方法の効率化で利益の出る仕組みづくり

栽培方法で効率化を図ったのが、特徴にあらわれています。

通常、ブルーベリーというのは土の上に苗木を地植します。

しかし、選択したのはその方法ではなく、「ポット液肥栽培」です。この方法は鉢に苗木を植える形になり、最適な生育環境を確保するための方法です。

通常の方法よりも、作業効率が良いとされているのもメリットの一つです。

流れを説明すると、まず整地した農地に給水用パイプを埋め込みます。

次に除草作業を抑えるための除草シートを一面に張ります。

その上に用意した1300鉢のポットを配置するというもの。

この方法だと鉢を一つずる移動することが出来るので、非常にやりやすい方法とも言えるでしょう。

農業の難しさは、どれだけ気をつけて観察していても、全ての質が良いとは限りません。

全体に植えてしまうと、病害虫が広がるリスクが高いのですが、ポット液肥栽培では予備の鉢と交換するだけで、リスクを避けることが出来るのです。

木々の枯れや病気を防ぐために、観察時間を十分に確保したいと考え、この栽培方法を選択したようです。

この形での栽培なら、力がない女性でも作業を進めることができます。

さらにポット液肥栽培の場合は地植えよりも苗木の生長速度が速く、約2〜3倍の速度で成長します。

もし、ポット式でなく、地植えを選んでいたなら農園を開業するまでに3年以上はかかっていたかもしれません。

一見、ポット栽培はメリットばかりのように感じますが、デメリットもあります。

それは初期投資ランニングコストがかかることです。

設備にもよるのですが、この方は労働コストを抑えるために自動で水やり・施肥が行える装置を導入しました。

コストをかかることが懸念材料になったのですが、その分早期に開業出来、回収も早いという確信を持っていたのです。

開業に要した資金は全部で1300万円。

内訳は管理事務所として使用するログハウス苗木防鳥ネット・井戸掘り費用・その他設備となります。

これら費用は導入する設備や規模によって、大きく異なるのですが、地植えを選択するとここまでの費用はかからないと考えられます。

しかし、新規就農者が1300万円をつぎ込むとは非常に大胆だと感じます。

しかし、彼には確信があったのです。

各地の農園を回ることで、ポット栽培で行うリスクの低さ。

失敗するケースが少ない。

などを感じていたようです。

逆に地植えで栽培していた農家の場合は、思うように育たないこともあり、難しさを感じたとのこと。

成功例をたくさん見て、失敗例も同じようにたくさん見る。

それらの経験から学んだことが自信へとつながったのでしょう。

農業にはいろいろな形があるため、絶対的な正解というのは存在しません。

この方のように効率化や生産性を重視するのももちろん、間違いではないのです。

この経営効率化を図ったのは、トヨタグループで働いていた経験が大きかったそうです。

品質第一主義が当たり前の世界で働いていたことで、全く違和感なく、効率化・生産性を取り入れることが出来たのです。

ビジネスブック倶楽部 一般会員
儲かる農業
脱サラファーマーの強み
絶えない離農者
有機農業の時代
こんな百姓になりたい
田舎の流儀
家族を説得する
個人事業主
百姓になる道に王道なし
売上1000万円
初期投資200万円
農業技術を習得
就農場所
不便・不満は暮らしてみないと分からない
農地探しの壁
農業委員と仲良く
認定農業者・認定就農者
身の丈に合った農業
野菜作りは手間と利益率で栽培作物を選ぶ
儲かる施設栽培
酪農に経営センスは欠かせない
価値が評価されて成り立つ有機農業
有機農業のカギはマニュアル化
直売・宅配・ネット通販
みんなで売れば販路は伸びる
有機農業の新しいビジネスモデル
研修体験
産みの苦しみ
中山間地域の休耕田
ネット通販+加工販売
有機農業ビジネス
いまどきの百姓生活
観光農園はおいしい?
就農準備
徹底した効率化
収益性の高い観光農園
情報発信は包み隠さず
農業の完成形を目指して
名人を目指そう
節水トマトと出会い名人を目指す
施設栽培は難しいところが面白さ
ブランドいちごで悠々自適
農業のいいところは生活の自由がきくところ
無理をしなければ農業はもっと楽しい
新規就農マニュアル【農業転職法】
リンク集
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。
2月13日 『新規参入で成功する最新ネットビジネス』
個人輸入ビジネス大成功の極意 【資金ゼロ、経験ゼロ、英語がわからなくてもできた!無職の私が自宅に居ながら年収1000万円になったワケ】

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
金利 推移 グラフ













































































































































儲かる農業で収入を得る方法 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。