儲かる農業で収入を得る方法 

もう転職に失敗しない!90日で合格する転職成功最強の法則

失敗が少なく、利益率が高く、労働時間を減らせるなど自然相手の商売には頭が必要です。

サイトマップ

観光農園はおいしい?

果樹の観光農園の農作物は他の農作物に比べると儲かると言われていますが、しっかりとした販路さえあれば、儲かる可能性は高いと考えられます。



しかし、果樹は気候や土壌条件によって出来が左右されやすく、それぞれの品目によって場所選びを行わなければなりません。

さらに、果樹の特徴は苗木を植えてから実るまでの期間が数年かかるため、新規就農者が取り組むのは生活的にも苦しいとされています。

一から苗木を植えて、実をつけるのではなくて、成木の状態で農地を借りることができれば、まだ可能性はあります。

しかし、果樹の農地を借りるのは露地栽培施設栽培のように容易ではありません。

高齢で引退するなどの特別な理由がなければ、手放すこともないので、こればかりは運次第なのです。

所得面を他の農業と比べると、利益率は高いのが分かっています。

平均所得は主業農家一戸当たり367万円という平均値が出されており、これはメリットとして捉える事ができます。

利益率が高いこと以外にもメリットはあります。

農家が自分で値段を設定することができ、農協に買いたたかれるリスクは避けられます。

果樹の中でも、労働コストを省けるのがイチゴ狩りなどの狩り農園です。

収穫・梱包・出荷などの雑務を一切省くことができるため、それだけでも他の作業時間に充てることができるメリットになります。



イチゴは観光農園の中でも採算がとれやすいと言われています。

その理由は、環境に左右されにくく、幅広い世代に人気があるからです。

天候などに左右されにくい反面、立地には影響されるのがデメリットになります。

大都市からのアクセスや観光的要素、品質の選定などがイチゴ農園の経営には重要となります。

通常農園と観光農園の決定的な違いは、接客やサービスが重視されるという事です。

さらに、観光バスなどが来れるような大規模な農園にするなら、それだけコストがかかるため、資金面ではかなり苦しめられるでしょう。

そんな中でも、観光農園で就農一年目から勢いよく飛び出した脱サラニューファーマーがいます。

この方は大企業の管理職を退職した後、ブルーベリー狩りを中心とした観光農園を開業され、初年度営業期間わずか30日で500万円もの売上げを叩き出しました。

来場者数も3300人と、新規就農者にしては出来過ぎな結果が生まれたのです。

このような結果が生まれたのは偶然ではなく、徹底的な経営効率化を図ったからにすぎません。

さらに、来場者を集めるための宣伝をするために、マスコミなどを利用するなど、宣伝力に長けていたことが分かります。

ビジネスブック倶楽部 一般会員
儲かる農業
脱サラファーマーの強み
絶えない離農者
有機農業の時代
こんな百姓になりたい
田舎の流儀
家族を説得する
個人事業主
百姓になる道に王道なし
売上1000万円
初期投資200万円
農業技術を習得
就農場所
不便・不満は暮らしてみないと分からない
農地探しの壁
農業委員と仲良く
認定農業者・認定就農者
身の丈に合った農業
野菜作りは手間と利益率で栽培作物を選ぶ
儲かる施設栽培
酪農に経営センスは欠かせない
価値が評価されて成り立つ有機農業
有機農業のカギはマニュアル化
直売・宅配・ネット通販
みんなで売れば販路は伸びる
有機農業の新しいビジネスモデル
研修体験
産みの苦しみ
中山間地域の休耕田
ネット通販+加工販売
有機農業ビジネス
いまどきの百姓生活
観光農園はおいしい?
就農準備
徹底した効率化
収益性の高い観光農園
情報発信は包み隠さず
農業の完成形を目指して
名人を目指そう
節水トマトと出会い名人を目指す
施設栽培は難しいところが面白さ
ブランドいちごで悠々自適
農業のいいところは生活の自由がきくところ
無理をしなければ農業はもっと楽しい
新規就農マニュアル【農業転職法】
リンク集
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。
2月13日 『新規参入で成功する最新ネットビジネス』
個人輸入ビジネス大成功の極意 【資金ゼロ、経験ゼロ、英語がわからなくてもできた!無職の私が自宅に居ながら年収1000万円になったワケ】

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
ローン 借り入れ













儲かる農業で収入を得る方法 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。