儲かる農業で収入を得る方法 

もう転職に失敗しない!90日で合格する転職成功最強の法則

失敗が少なく、利益率が高く、労働時間を減らせるなど自然相手の商売には頭が必要です。

サイトマップ

いまどきの百姓生活

新しい有機農業として、ビックプロジェクトを立ち上げている人もいれば、有機農業の百姓だけを楽しむ人もいます。



その方は茨城県で有機農業を取り組み、21年。

主にハーブを栽培されています。

この方は常に自然体で百姓の仕事を楽しみ、茨城県の農場兼住宅から千葉県内の作業場兼自宅をいったりきたりしています。

この方の農業に対する姿勢は、これからの百姓としての生き方を学ぶべきなのかもしれません。

有機農業の“メッカ”でスタート

この方が営んでいるのは茨城県の行方市の北浦地区になります。

特に農業が盛んな地域でもあり、農業就業者人口が全体の約50%にものぼります。

農業の中でも有機農法で栽培したチンゲンサイが有名で、全国的にもトップクラスの生産量を誇ります。

しかし、北浦地区でも周辺の地域と同じように高齢者がすすみ、担い手不足の問題があるようです。

この地域では70年代に有機農業が始まり。

地域と周辺の共同農場で拡大されてきました。

そのため、新規就農者も気軽に有機農業を始めることが出来るのです。

この方が有機農業を始めた88年頃は、周囲からの目が非常に厳しかったそうです。

当時はオーガニックショップでトラックでの引き売り販売・仕入などを担当し、知り合いの農業を手伝いするような「半農半商」というスタイルをとっていました。

農業を手伝う中で人脈ができ、その紹介によって90年に農地を手に入れることになります。

初めに手に入れた農地はたった10アールで、この規模は自給用の農地規模だとされています。

その規模で初めに栽培したのは、コウサイタイ・オクラの有機栽培だそうです。

この方は、農業の研修にも参加したことがないほどの素人だったため、出荷用で栽培したオクラでさえもたった5袋しか出来なかったとのこと。

この方がなぜ研修を受けなかったのかというと、当時働いていた仕入れ先の農家農薬を使うところを目撃してしまい、そんな農家に教わっても仕方ないと思ったそうです。

これらの農家を見ることで、さらに無農薬栽培のこだわりは強くなり、それが雑草に強く有機農業がやりやすいハーブを栽培することになったきっかけです。

栽培しやすいからという理由もあるのですが、若い頃にネパールやスリランカなどの旅でハーブを使った料理に出会ったこともきっかけに含まれているそうです。

この時にハーブのある暮らしを漠然と思ったのが、今の農業につながっているのです。

3000坪の畑でハーブと自給野菜を栽培

ハーブ栽培の調合や出荷は誰から教わることなく、独学で習得しました。

初めは10アールだった規模も今では10反まで拡大し、すべてをかなり割安の借地料金で借りています。

ほとんどの農地は自分で借りたものですが、その他にも知人から引き継いだ農地も含まれており、つながりの大切さを感じます。

農業の栽培技術や土づくり、堆肥づくりなどは地元の先輩に教わり、習得。

その中でも土づくりには特にこだわりを持っており、鶏糞を養鶏農家から頂き、それを堆肥にします。

種まき用の土には二年物の腐葉土を使用し、育苗用土も自ら作っています。

着実に一つ一つステップアップしていき、2001年にはJAS認定取得、2008年には有機JAS認証も認可されるなど、有機農業への道を開いています。

良い作物を栽培するには、雑草の除去・病害虫の駆除など最低限やる必要のある農作業は山積みです。

特に有機農業に関しては、このような地味な作業によって結果が大きく左右されます。

この広大な農地ではハーブの他にも、ホウレンソウ・コマツナ・ジャガイモなどの野菜を栽培し、あくまでも自給用として野菜づくりを楽しんでおられます。


作り方・売り方を通じて「農業を楽しむ」

ハーブを販売するために商標登録を行い、ホームページまで開設されました。

ホームページには商品の詳しい解説、有機栽培の工程、履歴、生産者の人格を伝えるための日記など幅広く掲載されています。

ハーブは乾燥や調合、袋詰めなどの全ての作業を手作業で行います。

そのため、大量生産ができないのも特徴の一つです。

販路にはオーガニック商品を扱うグループ、アロマテラピーを行うサロン、雑貨店、レストラン、カフェ、パン屋などが挙げられます。

ハーブというのは売り方が重要であり、実際には様々な店舗に出向き、店頭でハーブティーを提供するなどの宣伝を怠らずに続けられていました。

商品にはそのこだわりを伝えるために、ハーブの歴史・効用・栽培方法・料理への活用法なども詳しく記載されています。

日本人は今でこそ、ハーブの存在を認めているのですが、まだまだ日常的に活用されているレベルまで広がっていません。

そのため、ハーブの使い方を生産側から消費者へと提案する必要があるのです。

塩やコショウなど定番調味料として扱われるまで広めたいというのが、一つの目標だそうです。

有機農業は昔に比べると販路も拡大しており、流通組織も増えています。

実際にこの方はハーブだけでも農業経営を安定させています。

しかし、労働力には限界があるため、これ以上の利益を追求することが難しいのです。

お金を儲けることも考えているのですが、まずは百姓という生き方をぶれずに楽しむ姿勢を守りたいと考えています。

今までにも長雨の影響で思うような質が出せなかったバジルで返品されたことがあり、相当なショックを受けたそうです。

しかし、農作業を毎日淡々とこなす中で、そのような嫌な事は忘れてしまい、これからの新しい挑戦にわくわくする気持ちが勝るとおっしゃっています。

まるで「ジプシー」のような暮らしが快適!

茨城県の農場近くに住まいを建て、改築のほとんどは手作り。

その並びに、道具置き場、乾燥させるなどの作業小屋、水道は井戸水を使用し、冬は凍結するなどの悪条件。

しかし、こういうトラブルも田舎暮らしの楽しさだと語ります。

一年のサイクルとしては半年間を育苗、収穫。

もう半年を乾燥、ブレンド、商品企画、出荷など。

冬場にも堆肥づくりなどの作業をするために、週末だけ千葉から通うという生活を送っています。

その一年のサイクルの中でも最も忙しいのが4〜6月の育苗期間。

それは全滅する危険性があるため、種をまいて毎日ハウスの温度管理、水やり、換気を行うのです。

このような毎日のわずかな作業時間が重要になり、怠ることは許されないのです。

この方は実家から農地までは一般道で約二時間かかり、この往復が田舎の魅力を実感し続けるために必要なことだそうです。

この方はジプシーのような農業暮らしを楽しんできましたが、畑の面積を着実に広げ、売上げ目標をクリアするために働きっぱなしでした。

今までの農業生活を否定するわけではありませんが、もう少し道草をしても良いのかもしれません。

ビジネスブック倶楽部 一般会員
儲かる農業
脱サラファーマーの強み
絶えない離農者
有機農業の時代
こんな百姓になりたい
田舎の流儀
家族を説得する
個人事業主
百姓になる道に王道なし
売上1000万円
初期投資200万円
農業技術を習得
就農場所
不便・不満は暮らしてみないと分からない
農地探しの壁
農業委員と仲良く
認定農業者・認定就農者
身の丈に合った農業
野菜作りは手間と利益率で栽培作物を選ぶ
儲かる施設栽培
酪農に経営センスは欠かせない
価値が評価されて成り立つ有機農業
有機農業のカギはマニュアル化
直売・宅配・ネット通販
みんなで売れば販路は伸びる
有機農業の新しいビジネスモデル
研修体験
産みの苦しみ
中山間地域の休耕田
ネット通販+加工販売
有機農業ビジネス
いまどきの百姓生活
観光農園はおいしい?
就農準備
徹底した効率化
収益性の高い観光農園
情報発信は包み隠さず
農業の完成形を目指して
名人を目指そう
節水トマトと出会い名人を目指す
施設栽培は難しいところが面白さ
ブランドいちごで悠々自適
農業のいいところは生活の自由がきくところ
無理をしなければ農業はもっと楽しい
新規就農マニュアル【農業転職法】
リンク集
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。
2月13日 『新規参入で成功する最新ネットビジネス』
個人輸入ビジネス大成功の極意 【資金ゼロ、経験ゼロ、英語がわからなくてもできた!無職の私が自宅に居ながら年収1000万円になったワケ】

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
貸付 金利











































































































儲かる農業で収入を得る方法 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。