儲かる農業で収入を得る方法 

もう転職に失敗しない!90日で合格する転職成功最強の法則

失敗が少なく、利益率が高く、労働時間を減らせるなど自然相手の商売には頭が必要です。

サイトマップ

初期投資200万円

農業を始めるにあたって、どれだけのお金が必要になるのかは一番気になるところでしょう。



大きなお金が必要なのは、農地取得農機具・施設の購入や借用などの初期投資になります。

初期投資に関しては、自分が何を栽培するのか?経営規模はどのぐらいで行うのか?などによっても全く異なります。

酪農を例に挙げると、かなりの規模が必要になるため設備投資として2000万円以上、運転資金として5000万円以上は最低限必要とされています。

規模は北海道で30ヘクタール、都府県では6ヘクタールは利益を確保するために必要な規模だと考えられています。

ただ、これほどの大金を用意できる新規就農者はいるはずもありません。

そのため多くは土地や施設をリースとして借り、出来るだけ自己資金を抑えながら就農するケースが多いようです。

市町村によって、新規就農者向け支援処置が用意されているので、確認しておくことをおすすめします。

酪農ではなく、稲作で生計を立てようと考える場合にも大きな規模が必要とされます。

基本的に稲作の所得は売上げの約40%とされているため、500万円の所得を得るには、最低でも7ヘクタールほどの規模が必要と考えられています。

もし、10ヘクタールの規模が取得できたとしても、様々な機械や施設の設備にお金がかかり、最低2000万円は必要となるでしょう。

稲作を軸にやりたいと考えていても、初めから大規模で行う事は難しい。

コンバインなどの機械は農家農協などに借り、耕作面積も徐々に拡大していく計画で地道にやっていくしか方法はないでしょう。

酪農や稲作とは違い、初期投資を抑えながら気軽に始めることができる農業があります。

それは露地野菜です。

畑で野菜を作るという単純な方法なため、有機農業でも普通栽培でもそれほど大きな費用はかからないとされています。

静岡県で新規就農者として始められた方は、1200坪の土地で露地野菜の有機農業を行っており、トラクター・軽トラなどの必要なものは全て格安で購入し、約150万円で農業をスタートすることができています。

新規就農者の場合は、経営に関しても生産に関しても、素人同然です。

まずは1ヘクタール程度の規模で始め、出来るだけリスクの少ない経営を目指すべきです。

農地に関しては購入するよりも借りる方が例としては多いようです。

規模によって異なるのですが、借地料は年間数万円程度で良いとされているので新規就農者にとってはありがたい話であります。

また、地域とのつながりが強ければ、借地料を必要ないという所もあります。

損得で考えるのはどうかと思われますが、地域とのつながりは何より大切にする方が後々の強みとなるでしょう。


営農資金と生活資金を分けて用意しよう

就農時の自己資金は二種類に分けることができます。

一つは「営農資金」、もう一つは「生活資金」です。

これらは分けて考える必要があり、営農資金は1年間営農するために必要な資金であり、主に農地借入資金、施設建設・借入資金、農機具購入資金、苗や肥料、農薬などが当てはまります。

生活資金は簡単にいえば、農業所得で生計が立てるようになるまでの生活費と考えます。

農作物というのは、天候病害虫によって影響が出ます。

そのため、営農資金は作物によっても差があるといえます。

何年も続けて不作になることもあるため、自己資金は出来るだけ多く準備しておくことです。

生活資金は目安として3年分生活できるだけの貯蓄は用意しておくのが安心です、一般的なケースとしては1年分の生活資金と、営農資金を別に用意し、就農するのが多いようです。

小規模でもいい、無借金でスタートしよう

農業を発展させる後継者が不足している今、農業者向けの公的支援処置は各地で充実しています。

一般の資金に比べ、農林漁業金融公庫資金農業近代化資金などは低金利で借りることができ、また返済期間も長期なのが特徴です。

助成処置が整っている地域というのは、新規就農者受け入れに積極的な地域といえます。

助成の内容は様々で、就農までの研修支援、農地借入に伴う賃借料の助成、農地取得費の助成、家賃の助成などがあります。

ただ、天候に大きく左右される露地栽培というのは、生産計画が乱れることが多いため、リスク管理も難しいのが特徴。

そのため、新規就農者は借金をしない経営を行うことを当面の目標にするのが安全だといえます。

ビジネスブック倶楽部 一般会員
儲かる農業
脱サラファーマーの強み
絶えない離農者
有機農業の時代
こんな百姓になりたい
田舎の流儀
家族を説得する
個人事業主
百姓になる道に王道なし
売上1000万円
初期投資200万円
農業技術を習得
就農場所
不便・不満は暮らしてみないと分からない
農地探しの壁
農業委員と仲良く
認定農業者・認定就農者
身の丈に合った農業
野菜作りは手間と利益率で栽培作物を選ぶ
儲かる施設栽培
酪農に経営センスは欠かせない
価値が評価されて成り立つ有機農業
有機農業のカギはマニュアル化
直売・宅配・ネット通販
みんなで売れば販路は伸びる
有機農業の新しいビジネスモデル
研修体験
産みの苦しみ
中山間地域の休耕田
ネット通販+加工販売
有機農業ビジネス
いまどきの百姓生活
観光農園はおいしい?
就農準備
徹底した効率化
収益性の高い観光農園
情報発信は包み隠さず
農業の完成形を目指して
名人を目指そう
節水トマトと出会い名人を目指す
施設栽培は難しいところが面白さ
ブランドいちごで悠々自適
農業のいいところは生活の自由がきくところ
無理をしなければ農業はもっと楽しい
新規就農マニュアル【農業転職法】
リンク集
クリック一つで「上位表示させやすい」「稼ぎやすい」キーワードを自動収集するソフトキーワードコレクター「無限」 アフィリエイト、ネットビジネスのキーワード選びに。
2月13日 『新規参入で成功する最新ネットビジネス』
個人輸入ビジネス大成功の極意 【資金ゼロ、経験ゼロ、英語がわからなくてもできた!無職の私が自宅に居ながら年収1000万円になったワケ】

YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】
中古マンション ローン



















































儲かる農業で収入を得る方法 All copyrights 2010 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。